銀座・日本橋エリアの着付け教室を着物好きが徹底的に厳選比較しました!特におすすめの教室5選をご紹介します!


おすすめポイント卒業生による丁寧な指導で初心者でも安心

銀座・日本橋エリアのおすすめ着付け教室第2位としてご紹介するのは、「青山きもの学院」です。
こちらは、青山本校をはじめとして日本橋エリアのほか、銀座、吉祥寺とすべて好立地にある着付け教室です。
日本橋エリアには、東京メトロ三越前駅から徒歩1分のところに「日本橋室町教室」があります。

「青山きもの学院」は、着付けの経験がまったくない初心者でも安心できる少人数制クラスを採用しています。

初心者が受講する本科コースでは、着付けの準備、手順、着物についての知識などの基礎をしっかり学び、3ヶ月間全12回のレッスンできものを着る楽しみを実感できるカリキュラムとなっています。

レッスンに必要なきものや帯はレンタルが可能で、小物類は教室に保管して手ぶらでの受講も可能なので、着物初心者でもハードルが低い着付け教室といえるでしょう。

着付けの基本を学ぶ本科を修了した後、着付けの技術や知識をさらに習得したいという方には、研究科や師範科など、さらにスキルアップができるコースが用意されています。
研究科修了後に不得意な内容を再び学びたい場合には、「復習コース」の受講も可能です。

そして「青山きもの学院」で指導を担当する講師は、なんと着付け教室卒業生のみ
初心者の不安や心配を理解し、丁寧に一人ひとり指導を行うので、着実に着付けの技術を身につけられるでしょう。
 

初心者でも無理なく学べる着付けの基本

青山をはじめとして都内に4ヶ所の教室を持つ「青山きもの学院」。
いずれもアクセス至便な場所にあり、日本橋エリアには、東京メトロ三越前駅から徒歩1分のところに日本橋室町教室があります。

「青山きもの学院」では、初心者を含むすべての人が受講できる「本科」をはじめとして、「本科」を卒業した方を対象としたさまざまなコースが用意されています。

着物初心者でも受講開始できる「本科」では、着物の準備や着付けの手順、着物についての知識などを総合的に学べるカリキュラムが組まれており、基本的な着物の着方や帯の結び方を一通り体験できます。

「本科」のカリキュラムは、まず着物を着るための基本的な知識の習得から始まり、お太鼓結びや名古屋帯の結び方、二重太鼓結びなどを学び、最後に総復習を行います。
約3ヶ月間、全12回のレッスンで、着物の基本を初歩からしっかりと身につけることができます。

「青山きもの学院」で指導するのは、昔ながらの、道具を使わない美しい着映えの伝統的な手結びの着付けです。
手結びなら道具に縛られることがなく、自由度が高い着付けが可能となります。
そして手結びだからできる微妙な調整により、着る人の雰囲気やTPOに合わせた、さまざまな表情を付けた着付けができるようになります。

この手結びの着付けを他の着付け教室で習得中の方が「青山きもの学院」へ転入を希望している場合は、相談の上で初心者コース以外からのスタートにも対応しています。

講師はすべて卒業生!少人数制でじっくり指導を受けられる

「青山きもの学院」では、各クラスで少人数制を取っています。
1クラス4~10人という人数での授業なので、一人ひとりに目が行き届く丁寧な指導を受けることができます。

マンツーマンでの指導は自分だけに講師の目が向くので焦ってしまうこともありますが、少人数クラスなら同じレベルの生徒が周囲にいるので、相談しながら着付けを学べるメリットがあります。

逆に、大人数のクラスではわからない点があっても質問しづらく、わからないままで授業が進んでしまうことも。
少人数制なら、すべての生徒に目が行き届きやすいので、わからないことをわからないままにせず、しっかりとした指導が受けられます
またクラスが8人以上になると講師に加えて研修生もサポートにあたるので、よりきめ細かい指導で着付けを学べます。

そして、「青山きもの学院」の着付け教室の大きな特徴は何といっても指導にあたる講師が卒業生という点です。
かつて同じように青山きもの学院で学んでいた方が指導を行うので、生徒の悩みや着付け初心者の気持ちやとってわかりづらい点などを把握し、親身に指導をしてもらえます。

着物に慣れない初心者が着付けを行う場合、着物や帯を傷めてしまうこともあります。
しかし「青山きもの学院」では、レッスンに必要な着物や帯の無料レンタルを行なっているので、自分の着物や帯を傷めてしまう前に、レンタルの着物での練習ができます。

また、着付け教室ではどうしても持ち物が多く、レッスンのたびにたくさんの荷物を持ち運ぶ必要が出てくることもありますが、着付けに使う小物類は教室内に収納できるので、手ぶらでの受講ができるのもうれしいポイントです。

都合が悪くなり受講できなくなった場合、別の日時で同じ内容の振替受講が無料で受けられます。
さまざまな事情で同じ教室や時間帯に受講ができなくなった場合でも、別の教室への移動や時間帯の移動も可能です。
もし、やむを得ない事情で着付け教室に通えなくなったとしても、休学することができるので、都合がついてから受講再開もできるので、途中で受講を止めることなく通いやすい着付け教室といえるでしょう。
 
青山きもの学院の各種料金プランはこちら!

 

本科修了後もステップアップが可能!豊富なコースを用意

基本の「本科」コースを修了した後は、本科卒業生向けの豊富なコースを受講できます。
ステップアップしたカリキュラムの「研究科」では、「本科」での知識や技術を高められるほか、他の人への着せ方も習得ができます。
喪服や留め袖、振り袖の着せ方、帯の結び方の手順の確立などを図り、着付けの技術をさらに向上できます。
こちらのコースも、「本科」コースと同様3ヶ月間で全12回の受講となります。

花嫁の着付けや変わり結びなどを学び、きものコンサルタント資格試験を目指せる「師範科」、着物を中心とした日本の伝統文化を深く学べる「高等師範科」、より高度な着付け技術を学べる「実践科」を受講できるほか、花嫁の着付けに加えて式場へのアテンドの仕方やかつらの扱い方なども総合的に学べる「花嫁実践科」、茶道や華道、狂言などの日本の古くから続く伝統を通し、日本文化をより深く学べる「文化講義科」などもあります。
この通り、「青山きもの学院」では「本科」からスキルアップを目指す方のみならず、着物を通して和の文化についての造詣を深められる幅広いコースを受講できます。

「青山きもの学院」の着付け教室は、基本的には「本科」から「研究科」、「師範科」、「高等師範科」というステップアップとなりますが、特定の内容だけをピンポイントで受講することもできます。
「研究科」修了後に不得意な内容を復習したい場合には、その内容を「本科」または「研究科」で再度受講し、復習が可能です

また、「高等師範科」で身につけた帯結びの技術確認や向上を図りたい時には、「帯専科」で改めて帯結びを学ぶこともできます。
その他にも、着付けと併せて茶道をたしなめる茶道教室もあり、茶道の心得を指導してもらえます。

着付け教室で学び、着物を通して友達付き合いができることも少なくありません。
コース修了後でも、この付き合いを続けられるよう、ゼミとして担当講師を囲んで帯結びの練習への参加もできるようになっています。

着付け初心者でも安心して着付けを始められる少人数制コースで、着付け教室の卒業者のみの講師による丁寧な指導を受けられる「青山きもの学院」なら、着実に着付けの技術や知識を無理なく習得することができるでしょう。

教室へのアクセス

青山きもの学院 日本橋室町教室:東京都中央区日本橋室町3-2-18 海老屋ビル5F 最寄り:三越前駅より徒歩1分