銀座・日本橋エリアの着付け教室を着物好きが徹底的に厳選比較しました!特におすすめの教室5選をご紹介します!

着付け教室にはどのくらいの回数通えばよい?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/03/01

成人式や結婚披露宴のゲストとしてなど、現代では比較的着る機会が限られる着物ですが、街で着物を素敵に着こなしてお出かけしている人などを見て「自分も着てみたい!」と思う方もいると思います。

振袖などはプロに着つけてもらうことが多いですが、小紋などの普段着であれば、自分で着付けを覚えることもできます。

着物を自分で着られるようになるためには、独学で動画や本などを見て覚える方法もありますが、着付け教室に通って着付けを教わる方法もあります。

では、着付け教室にはどのくらいの回数通えば、「着物を着てお出かけができる」ようになるのでしょうか。

 

着物を着る目的で、教室に通う回数が変わります

着付け教室に通ってみたいと考えたときに一番大事なのは、どこまでできるようになりたいのかということです。

例えば、「自分で浴衣の着付けができるようになりたい」のであれば、着付け教室で行っている1回だけのお試しレッスンでもできるようになりますが、「成人式の振袖を自分で着たい」「着付けを仕事にしたい」のであれば、かなり本格的に1年から2年、教室に通う必要があります。

では、「ちょっとしたお出かけに、自分で着物を着つけて出かけてみたい」場合は、どれくらいの回数着付け教室に通う必要があるのでしょうか。

 

3か月あれば一通りの着付けができるようになります

一から着付けを覚える場合、着付け教室には何回くらい、どれくらいの期間の通学が必要でしょうか。

教室によっても異なりますが、普段着るような着物の着付けを一通り覚えるのであれば、おおよそ3か月(8回から12回)で学ぶことができます。

1回当たり2時間前後のレッスン、といったところが大半なので、仕事帰りや休日の習い事の感覚で通うことができそうです。

この期間内で、浴衣の着付けはもちろん、小紋などのような普段着る着物の着付けをしっかり学ぶことができます。

また教室では、基本的な着付けのほかに、TPOや季節に合わせた着物の種類や着付けに必要なものなど、独学で学ぶには難しいようなことも教えてもらえます。

「ちょっとしたお出かけに着物を着て出かける」ことは、3か月あれば十分可能になります。

レッスンでどんなことをするのか不安、といった方には、各教室で開催している説明会や、無料やリーズナブルな価格で実施しているお試しレッスンへの参加はいかがでしょうか。

実際の教室の様子をうかがうことができるので、安心して通うことができます。

 

さらに着付けを学びたい場合は上級のコースもあります

着付けを一通り身に着けた段階で「振袖の着付けも学んでみたい」「人に着付けができるようになりたい」場合は、そのまま着付け教室で上級コースに進んで、学んでいくこともできます。

これも教室によって具体的な期間は様々ですが、およそ1年から2年前後で学ぶことができます。

それらを学んだあとは教室にもよりますが、着付けの仕事の紹介が受けられたり、着付け教室の開校のサポートを受けられたりといった特典があります。

また、「着物を自分で縫ってみたい」「オリジナルの帯紐を作りたい」といったことに興味があれば、和裁コース組紐コースを設定している教室もありますので、そこで学ぶことができます。

着付けを中心にして、様々な学びを得ることができるのが着付け教室の一番のメリットです。

 

一通りの着付けを覚えるためには、着付け教室には約3か月の通学が必要になります。

知識を身に着けたら、着物を着てどんどんお出かけをしてみましょう。

着物を着る回数を増やすことで、着付けのテクニックもぐんと上がっていきます。

また、着付けを学んで「もっと着付けを学んでみたい」と思ったら、教室により様々なコースが用意されていますので、もっと上級の知識を身に着けることもできます。

着物に興味があってもなかなか踏み出せないという方も、体験レッスンを設けている教室も多いので、この機会にぜひチャレンジしてみましょう。




サイト内検索
銀座・日本橋着付け教室一覧!
花影きもの塾の画像
第4位 銀座いち利
銀座いち利の画像
彩きもの学院の画像
記事一覧