銀座・日本橋エリアの着付け教室を着物好きが徹底的に厳選比較しました!特におすすめの教室5選をご紹介します!

知っておきたい着物の基礎知識

日本人とは言え、今では洋服を着ることの方が圧倒的に多くなった為、着物の知識があまりない人が多いのではないのでしょか。

TPOに合わせて洋服を変えているのに、夏は浴衣、成人式に振袖を着ることくらいしか知らない人もいます。

どんな種類があるのかを知るとその場に相応しい恰好で出かけられます。

東京・日本橋の着付け教室に行く前に予備知識を備えましょう。

 

振袖は未婚女性が着るけれど、結婚したら何を着るのか

振袖は未婚女性が着ることは有名です。

振袖は未婚女性の第一礼装なので、成人式はもちろんですが、結婚式に行く時にも着ていくことができます。

既婚女性の第一礼装は黒留袖です。

黒地に裾模様が施されており、染め抜きの五つの紋が入ります。

既婚女性が結婚式に着ていくこともあります。

親族が着ることが多いので、見たことがある人も多いかもしれません。

他にも既婚未婚を問わないで着ることができる、黒留袖に準ずる礼装があり、これを色留袖と言います。

黒以外の生地に裾模様が施されています。

五つ紋付であれば黒留袖と同格になるので結婚式に着ても構いません。

色留袖は紋の数によって格が違うので気を付けなくてはなりません。

三つ紋・一つ紋付は訪問着と同じ格になるので結婚式には向かなくなります。

格によってどんな場所に行くべきかが変わります。

以上は結婚式に着ていっても構わない着物ばかりです。

東京・日本橋の着付け教室で着付けを学んだら結婚式に着ていくのも良いでしょう。

 

帯にも種類があり格がわかれている

帯にも種類があり、格が違います。

フォーマルな場に行く時と浴衣を着る時とでは違う帯を使っているはずです。

最も格が高くフォーマルな場に相応しいのは袋帯です。

織物が一般的で、とても華やかなデザインが特徴ですから、振袖や黒留袖などにもよく合います。

訪問着に合わせることもできます。

これらに二重太鼓と言う結び方で合わせましょう。

カジュアルなシーンなら名古屋帯です。

織物だけではなく染めもあり、種類がたくさんあります。

柄の印象によっては、フォーマルな場にも合わせることができるので便利です。

名古屋帯は一重太鼓と言う結び方をします。

最もカジュアルな帯は半巾帯です。

こちらは他の2種類の半分の幅しかありません。

浴衣を着る時に合わせたことがありませんか。

浴衣だけではなく、カジュアルなシーンに合いますので夏だけではなく、一年中使うこともできます。

意外と知られていない帯の格も知っておきましょう。

東京・日本橋の着付け教室で着付けを教わったらこの予備知識は役に立つので覚えた方が良いです。

 

足元のことまで気を使うことが大切

着物を着れば草履を履くでしょう。

いつも履いている靴と同じサイズで良いと思って選ぼうと思っていませんか。

実は、靴と同じサイズで良いわけではありません。

草履を選ぶ時は、かかとが1~2cmくらいはみ出す大きさを選びます。

少しかかとがはみ出していれば、誤って着物を踏んでしまう恐れもありません。

全体的にバランスよく見えますので、これから新しい草履を購入する時は少し小さめにしましょう。

ただし、草履を履きなれていない人の場合かかとが出た状態で歩くのは大変です。

そういうことであれば、自分の足に合っているサイズにしてください。

かかとがはみ出さない程度の大きさが目安で、十分に余裕があるくらいの大きさでは見栄えが悪くなります。

草履もかかとが高くなっているものがあるので、フォーマルな場に行くなら高さは5cm以上あると良いでしょう。

これらの予備知識を知るとますます着物を自分で着られるようになりたいとは思いませんか。

東京・日本橋の着付け教室に行けば一人で着ることができるようになります。

たくさん着物を着て出かけられるようにしましょう。

 




サイト内検索
銀座・日本橋着付け教室一覧!
第4位 銀座いち利
記事一覧